ユーロビジョン・ソング・コンテスト2022

ユーロビジョン・ソング・コンテスト 2022
The Sound of Beauty
日程
準決勝1 2022年5月10日 (2022-05-10)
準決勝2 2022年5月12日 (2022-05-12)
決勝 2022年5月14日 (2022-05-14)
主催者
会場 イタリアの旗 イタリアトリノ
パラスポーツ・オリンピコ
司会
総監督 Martin Österdahl
主催放送局 イタリア放送協会
開会演技
  • 準決勝1:
    Sherol Dos Santos『The Sound of Beauty』
  • 準決勝2:
    Alessandro Cattelan『The Italian Way』
  • 決勝:
    Rockin' 1000『平和を我等に
    ラウラ・パウジーニ『Benvenuto』『Io canto』『La solitudine』『Le cose che vivi』『Scatola』
幕間演技
参加者
参加国数 40
復帰 アルメニアの旗 アルメニア
モンテネグロの旗 モンテネグロ
撤退 ロシアの旗 ロシア
参加国
  • ポルトガルのユーロビジョン・ソング・コンテストスペインのユーロビジョン・ソング・コンテストサンマリノのユーロビジョン・ソング・コンテストフランスのユーロビジョン・ソング・コンテストイギリスのユーロビジョン・ソング・コンテストアイルランドのユーロビジョン・ソング・コンテストアイスランドのユーロビジョン・ソング・コンテストベルギーのユーロビジョン・ソング・コンテストオランダのユーロビジョン・ソング・コンテストスイスのユーロビジョン・ソング・コンテストドイツのユーロビジョン・ソング・コンテストデンマークのユーロビジョン・ソング・コンテストマルタのユーロビジョン・ソング・コンテストイタリアのユーロビジョン・ソング・コンテストノルウェーのユーロビジョン・ソング・コンテストスウェーデンのユーロビジョン・ソング・コンテストフィンランドのユーロビジョン・ソング・コンテストエストニアのユーロビジョン・ソング・コンテストラトビアのユーロビジョン・ソング・コンテストリトアニアのユーロビジョン・ソング・コンテストスロバキアのユーロビジョン・ソング・コンテストオーストリアのユーロビジョン・ソング・コンテストスロベニアのユーロビジョン・ソング・コンテストハンガリーのユーロビジョン・ソング・コンテストクロアチアのユーロビジョン・ソング・コンテストボスニア・ヘルツェゴビナのユーロビジョン・ソング・コンテストモンテネグロのユーロビジョン・ソング・コンテストセルビアのユーロビジョン・ソング・コンテストアルバニアのユーロビジョン・ソング・コンテスト北マケドニアのユーロビジョン・ソング・コンテストギリシャのユーロビジョン・ソング・コンテストブルガリアのユーロビジョン・ソング・コンテストルーマニアのユーロビジョン・ソング・コンテストモルドバのユーロビジョン・ソング・コンテストウクライナのユーロビジョン・ソング・コンテストベラルーシのユーロビジョン・ソング・コンテストオーストラリアのユーロビジョン・ソング・コンテストロシアのユーロビジョン・ソング・コンテストジョージアのユーロビジョン・ソング・コンテストアゼルバイジャンのユーロビジョン・ソング・コンテストトルコのユーロビジョン・ソング・コンテストキプロスのユーロビジョン・ソング・コンテストイスラエルのユーロビジョン・ソング・コンテストアルメニアのユーロビジョン・ソング・コンテストモロッコのユーロビジョン・ソング・コンテストアンドラのユーロビジョン・ソング・コンテストモナコのユーロビジョン・ソング・コンテストポーランドのユーロビジョン・ソング・コンテストチェコのユーロビジョン・ソング・コンテストルクセンブルクのユーロビジョン・ソング・コンテストA coloured map of the countries of Europe
    画像の詳細
         決勝進出     準決勝敗退     過去に参加経験のある不参加国
投票
投票方式 各国が出場者に対して、1点~8点、10点、12点を2回投票する。1つは審査員票、もう1つは視聴者票である。
優勝曲 ウクライナの旗 ウクライナ
カールシュ・オーケストラ(英語版)『Stefania』
ユーロビジョン・ソング・コンテスト
◄2021 Wiki Eurovision Heart (Infobox).svg 2023►

ユーロビジョン・ソング・コンテスト2022こと第66回ユーロビジョン・ソング・コンテスト英語: Eurovision Song Contest 2022フランス語: Concours Eurovision de la chanson 2022)は、2022年5月にイタリアトリノで開催されたユーロビジョン・ソング・コンテストである。オランダロッテルダムで開催された2021年大会イタリア代表マネスキンが優勝したことにより、イタリアが2022年大会の主催権を獲得した[6]。本大会はパラスポーツ・オリンピコを会場とし、準決勝は5月10日12日に、決勝は5月14日に行われた[7]

本大会には、アルメニアモンテネグロが復帰し、前回大会に出場したロシアを除く40か国が参加した。

大会の結果、ウクライナの6人組ヒップホップグループ、カールシュ・オーケストラ(英語版)の「Stefania」が優勝した。ウクライナの優勝は、2016年大会以来6年ぶり3回目である。視聴者票の得点は439点で、これは2017年大会で優勝したポルトガルサルヴァドール・ソブラルが獲得した376点を上回る最高得点である。

2021年大会で現行の投票システムになってから初めて無得点という屈辱を味わったイギリスは、審査員票で1位となり、視聴者票を含めた得点で2位に入った。イギリスが2位に入ったのは1998年大会以来24年ぶりである。一方、2019年大会2021年大会でいずれも25位と低迷しているドイツは、審査員票で無得点となるなど2016年大会以来の最下位に終わった。

開催地

イタリアでの開催が明確になった時点から、多くの都市が開催地としての意欲を示したため、イタリア放送協会(RAI)と欧州放送連合(EBU)は2021年7月7日に開催都市としての条件を発表した[8]

  • 開催都市の周辺には90分以内に到着できる国際空港がある。
  • 開催施設の周辺のホテルには2000以上の客室が確保できる。
  • 開催施設は以下の条件を満たさなければならない。
    • 空調設備が付く屋内にあり、周辺とは明確に隔たっている。
    • メインホールで約8000〜10000人の観客を収容できる(ユーロビジョン・ソング・コンテストの特性を考慮すると、通常のコンサートの最大収容人数の70%に相当する)。
    • セットを収容する能力と、高レベルの放送を行うための必要なすべての要件を備えるメインホールを有する。
    • メインホールに簡単にアクセスできる十分なスペースがあり、報道陣専用のスペース、代表団のスペース、更衣室、アーティスト待機用のスペース、スタッフ用のスペース、接客のスペース、観客向けのスペースなどの区割りを実現できる。
    • ユーロビジョン・ソング・コンテストのある週の7週間前から終了後の1週間までは、主催者が独占的に利用できる。

2021年7月13日、イタリア放送協会はボローニャジェノバフィレンツェミラノローマトリノトリエステアレッサンドリアマテーラペーザロリミニビテルボアチレアーレベルティノーロ・ディ・ロマーニャイェーゾロパラッツォーロ・アクレイデサンレーモの計17都市が出願したことを発表した[9]8月4日、候補地はアチレアーレ、アレッサンドリア、ボローニャ、ジェノバ、ミラノ、パラッツォーロ・アクレイデ、ペーザロ、リミニ、ローマ、サンレーモ、トリノの11都市に絞られた[10]。8月24日にはさらにボローニャ、ミラノ、ペーザロ、リミニ、トリノの5都市に絞られた[11]

2021年10月8日、開催地がトリノのパラスポーツ・オリンピコに選定された[7]。決勝は5月14日に決められた[7]

出場国

  準決勝1に参加
  準決勝1で投票
  準決勝2に参加
  準決勝2で投票

アルメニアモンテネグロは復帰[12]

過去に参加歴のあるアンドラ[13]スロバキア[14]ルクセンブルク[15]モナコ[16]ボスニア・ヘルツェゴビナ[17]は不参加を表明した。また、ベラルーシは欧州放送連合の会員資格停止により出場できなくなり[18]ロシアウクライナに対する侵攻により、欧州放送連合から脱退し出場できなくなった[19]

準決勝の組分け

2022年1月25日にトリノのマダーマ宮殿で開催[20]

1組 2組 3組 4組 5組 6組

参加者と結果

2021年大会と同じく新型コロナウイルス感染症の流行下での開催であるため、バッキングボーカルの事前録音が許可されるようになった[21]

再出場のアーティスト

ブルガリア代表インテリジェント・ミュージック・プロジェクト(英語版)のメンバーであるストヤン・ヤンクロフは、エリツァ・トドロヴァ & ストヤン・ヤンクロフとして2007年大会2013年大会に参加している[22]モルドバ代表ズドブ・シ・ズドゥブ & アドバホフ兄弟(英語版)として出場するズドブ・シ・ズドゥブは、2005年大会2011年大会に当該バンド単独で参加している[23]イタリア代表マフムード(英語版) & ブランコ(英語版)として出場するマフムードは、ソロアーティストとして2019年大会に参加している[24]ウクライナ代表カールシュ・オーケストラ(英語版)のメンバーであるイホール・ディデンチュクは、ゴー・エー(英語版)のメンバーとして出場した2021年大会に続いて2年連続での出場を果たしている[25]

さらに、デンマーク代表レッディ(英語版)のメンバーでドラム担当のイーハン・ハイダーは、2012年大会に出場したソルーナ・サマイ(英語版)のバックバンドメンバーとして参加している[26]

準決勝1

2022年5月10日21:00(CEST)に開催[27]。準決勝1には17か国が出場し、10か国が決勝に進出した。出場国以外にイタリアフランスは投票に参加した[27]

ロシアは撤退前、くじ引きで準決勝1の後半に決められた。

登場順[28] アーティスト[29] 楽曲 言語 順位[30] 得点
合計 審査員 視聴者
01 アルバニアの旗 アルバニア ロネラ・ハヤティ
Ronela Hajati
Sekret アルバニア語英語[注釈 1] 12 58 12 46
02 ラトビアの旗 ラトビア ツィティ・ゼーニ
Citi Zēni
Eat Your Salad 英語 14[注釈 2] 55 39 16
03 リトアニアの旗 リトアニア モニカ・リウ
Monika Liu
Sentimentai リトアニア語 7 159 56 103
04 スイスの旗 スイス マリウス・ベア
Marius Bear
Boys Do Cry 英語 9 118 107 11
05 スロベニアの旗 スロベニア ラスト・ピザ・スライス
Last Pizza Slice
Disko スロベニア語 17 15 7 8
06 ウクライナの旗 ウクライナ カールシュ・オーケストラ
Kalush Orchestra
Stefania (Стефанія) ウクライナ語 1 337 135 202
07 ブルガリアの旗 ブルガリア インテリジェント・ミュージック・プロジェクト
Intelligent Music Project
Intention 英語 16 29 11 18
08 オランダの旗 オランダ S10
S10
De diepte オランダ語 2 221 142 79
09 モルドバの旗 モルドバ ズドブ・シ・ズドゥブ & アドバホフ兄弟
Zdob și Zdub & Frații Advahov
Trenulețul ルーマニア語英語 8 154 19 135
10 ポルトガルの旗 ポルトガル マロ
Maro
Saudade, saudade 英語ポルトガル語 4 208 121 87
11 クロアチアの旗 クロアチア ミア・ディムシチ
Mia Dimšić
Guilty Pleasure 英語クロアチア語 11 75 42 33
12 デンマークの旗 デンマーク レッディ
Reddi
The Show 英語 13[注釈 2] 55 35 20
13 オーストリアの旗 オーストリア ルミックス feat. ピア・マリア
LUM!X feat. Pia Maria
Halo 英語 15 42 6 36
14 アイスランドの旗 アイスランド シスチュル
Systur
Með hækkandi sól アイスランド語 10 103 64 39
15 ギリシャの旗 ギリシャ アマンダ・テンフィヨルド
Amanda Tenfjord
Die Together 英語 3 211 151 60
16 ノルウェーの旗 ノルウェー サブウルファー
Subwoolfer
Give That Wolf a Banana 英語 6 177 73 104
17 アルメニアの旗 アルメニア ロザ・リン
Rosa Linn
Snap 英語 5 187 82 105

準決勝2

2022年5月12日21:00(CEST)に開催[27]。準決勝2には18か国が出場し、10か国が決勝に進出した。出場国以外にドイツスペインイギリスは投票に参加した[27]

登場順[28] アーティスト[31] 楽曲 言語 順位[32] 得点
合計 審査員 視聴者
01 フィンランドの旗 フィンランド ザ・ラスマス
The Rasmus
Jezebel 英語 7 162 63 99
02 イスラエルの旗 イスラエル マイケル・ベン・ダヴィド
Michael Ben David
I.M 英語 13 61 34 27
03 セルビアの旗 セルビア コンストラクタ
Konstrakta
In corpore sano セルビア語ラテン語 3 237 63 174
04 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン ナディル・リュスタムリ
Nadir Rüstamli
Fade to Black 英語 10 96 96 0
05 ジョージア (国)の旗 ジョージア サーカス・マーカス
Circus Mircus
Lock Me In 英語 18 22 13 9
06 マルタの旗 マルタ エマ・ムスカット
Emma Muscat
I Am What I Am 英語 16[注釈 3] 47 27 20
07 サンマリノの旗 サンマリノ アキレ・ラウロ
Achille Lauro
Stripper イタリア語英語 14 50 21 29
08 オーストラリアの旗 オーストラリア シェルドン・ライリー
Sheldon Riley
Not the Same 英語 2 243 169 74
09 キプロスの旗 キプロス アンドロマケー
Andromache
Ela (Έλα) 英語ギリシア語 12 63 9 54
10 アイルランドの旗 アイルランド ブルーク
Brooke Scullion
That's Rich 英語 15[注釈 3] 47 12 35
11 北マケドニアの旗 北マケドニア アンドレア
Andrea Koevska
Circles 英語 11 76 56 20
12 エストニアの旗 エストニア ステファン
Stefan Airapetjan
Hope 英語 5 209 113 96
13 ルーマニアの旗 ルーマニア WRS
WRS
Llámame 英語[注釈 4] 9 118 18 100
14 ポーランドの旗 ポーランド オフマン
Krystian Ochman
River 英語 6 198 84 114
15 モンテネグロの旗 モンテネグロ ウラダーナ
Vladana Vučinić
Breathe 英語イタリア語 17 33 11 22
16 ベルギーの旗 ベルギー ジェレミ・マキェセ
Jérémie Makiese
Miss You 英語 8 151 105 46
17 スウェーデンの旗 スウェーデン コルネリア・ヤコブス
Cornelia Jakobs
Hold Me Closer 英語 1 396 222 174
18 チェコの旗 チェコ ウィー・アー・ドーミ
We Are Domi
Lights Off 英語 4 227 102 125

決勝

登場順[33] アーティスト[34] 楽曲 言語 順位[35] 得点
合計 審査員 視聴者
01 チェコの旗 チェコ ウィー・アー・ドーミ
We Are Domi
Lights Off 英語 22[注釈 5] 38 33 5
02 ルーマニアの旗 ルーマニア WRS
WRS
Llámame 英語[注釈 4] 18 65 12 53
03 ポルトガルの旗 ポルトガル マロ
Maro
Saudade, saudade 英語ポルトガル語 9 207 171 36
04 フィンランドの旗 フィンランド ザ・ラスマス
The Rasmus
Jezebel 英語 21[注釈 5] 38 12 26
05 スイスの旗 スイス マリウス・ベア
Marius Bear
Boys Do Cry 英語 17 78 78 0
06 フランスの旗 フランス アルヴァン & アヘズ
Alvan & Ahez
Fulenn ブルトン語 24 17 9 8
07 ノルウェーの旗 ノルウェー サブウルファー
Subwoolfer
Give That Wolf a Banana 英語 10 182 36 146
08 アルメニアの旗 アルメニア ロザ・リン
Rosa Linn
Snap 英語 20 61 40 21
09 イタリアの旗 イタリア マフムード & ブランコ
Mahmood & Blanco
Brividi イタリア語 6 268 158 110
10 スペインの旗 スペイン チャネル
Chanel Terrero
SloMo スペイン語英語 3 459 231 228
11 オランダの旗 オランダ S10
S10
De diepte オランダ語 11 171 129 42
12 ウクライナの旗 ウクライナ カールシュ・オーケストラ
Kalush Orchestra
Stefania (Стефанія) ウクライナ語 1 631 192 439
13 ドイツの旗 ドイツ マリク・ハリス
Malik Harris
Rockstars 英語 25 6 0 6
14 リトアニアの旗 リトアニア モニカ・リウ
Monika Liu
Sentimentai リトアニア語 14 128 35 93
15 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン ナディル・リュスタムリ
Nadir Rüstamli
Fade to Black 英語 16 106 103 3
16 ベルギーの旗 ベルギー ジェレミ・マキェセ
Jérémie Makiese
Miss You 英語 19 64 59 5
17 ギリシャの旗 ギリシャ アマンダ・テンフィヨルド
Amanda Tenfjord
Die Together 英語 8 215 158 57
18 アイスランドの旗 アイスランド シスチュル
Systur
Með hækkandi sól アイスランド語 23 20 10 10
19 モルドバの旗 モルドバ ズドブ・シ・ズドゥブ & アドバホフ兄弟
Zdob și Zdub & Frații Advahov
Trenulețul ルーマニア語英語 7 253 14 239
20 スウェーデンの旗 スウェーデン コルネリア・ヤコブス
Cornelia Jakobs
Hold Me Closer 英語 4 438 258 180
21 オーストラリアの旗 オーストラリア シェルドン・ライリー
Sheldon Riley
Not the Same 英語 15 125 123 2
22 イギリスの旗 イギリス サム・ライダー
Sam Ryder
Space Man 英語 2 466 283 183
23 ポーランドの旗 ポーランド オフマン
Krystian Ochman
River 英語 12 151 46 105
24 セルビアの旗 セルビア コンストラクタ
Konstrakta
In corpore sano セルビア語ラテン語 5 312 87 225
25 エストニアの旗 エストニア ステファン
Stefan Airapetjan
Hope 英語 13 141 43 98

事件

ロシアのウクライナ侵攻による影響

ウクライナの国内予選

ウクライナの国内予選は2022年2月12日に開催し、アリーナ・パシュを代表として選出した。しかし、彼女は過去にロシア占領下のクリミアに渡航したことが発覚したため、同月16日に棄権を表明した[36]。2月22日、次点のカールシュ・オーケストラが代わりに選出された[37]

ロシアの出場停止

ロシアによるウクライナ侵攻当日の2月24日、ウクライナ国営テレビ(UA:PBC)が欧州放送連合に対し、全ロシア国営テレビ・ラジオ放送会社ロシア第一チャンネル両放送局の会員資格の剥奪を求めていた。その後、主催側はロシアにもウクライナにも参加資格があると表明したが[38]、これに対し、北欧を中心とした国の放送局および参加者らが異議を示した[39]。2月25日、欧州放送連合は今回のロシアの参加を取り止めると表明した[19]

ウクライナ代表の参加

ロシアによるウクライナ侵攻によりウクライナでは、18歳から60歳の男性の出国を原則禁止する総動員令が出されており、男性からなるカールシュ・オーケストラのメンバーの出国の可能性が疑問視されていたが、4月2日のUA:PBCの発表によると特例的に出国の許可が得られた[40][41]

親ロシア派によるサイバー攻撃

2022年5月11日、イタリアのいくつかのサイトが親ロシア派のハッカー集団『キルネット』のサイバー攻撃により被害を受け[42][43]、ユーロビジョン・ソング・コンテスト関連のサイトもその対象になっていた。ホームページと投票プラットフォームには影響がなかったと見られる[44]

イスラエルの撤退示唆

2022年4月12日、イスラエルの放送局・イスラエル公共放送協会(KAN)はイスラエル総保安庁のメンバーがストライキを行なっていたため、イスラエル代表の安全を保証することができないとして撤退を示唆した[45]。しかし、同月末にイスラエル公共放送協会はイスラエル総保安庁と協定を結んでいたため、出場可能になった[46]

舞台設備の不具合

この大会で舞台全体は「昇る太陽」のテーマを取っており、太陽の部分はもともと動けるようにデザインされたが、リハーサルの段階で太陽がモーターの不具合によりうまく動けなくなった[47][48]

北マケドニアの国旗

5月8日の「ターコイズ・カーペット」イベントで、北マケドニア代表のアンドレア・コエフスカは写真を撮る時、ポーズを取るために手持ちの北マケドニアの国旗を投げた。これに対し、同国のEBU加盟放送局マケドニアラジオ・テレビ(英語版)は非難声明を出し、アンドレアの行為は法律違反とし、撤退の可能性も示唆した[49]。アンドレアは翌日に謝罪のビデオを公表した[50]

投票の結果

準決勝2でのアゼルバイジャン、ジョージア、モンテネグロポーランドルーマニアサンマリノの6カ国の審査員による投票の結果はEBUにより「不規則な投票パターン」に分類されたためすべて却下され、代わりに同様な投票履歴を持つ国々の投票パターンから類推した結果を使った[51][52]ベルギーフラマン語放送局VRTによると、これらの国の放送局は互いに高得点を与えるという事前協定を結んだことがリークされた[53]

決勝でも「技術的な原因」により、アゼルバイジャン、ジョージア、ルーマニアの3カ国の審査員による投票の結果は現地からの発表ではなく、総監督のマルティン・オステルダールにより発表された[54]。しかし、発表された結果は現地の審査員による投票の結果とは違うと見られる。ルーマニアの審査員はもともと12点をモルドバに、ジョージアとアゼルバイジャンの審査員はもともと12点をウクライナに与えたが、現場での発表はルーマニアの12点がウクライナに、ジョージアとアゼルバイシャンの12点がイギリスにそれぞれ与えた。このため、これらの国とモンテネグロの放送局はEBUに事情の説明を求めた[55][56][57][58]

5月19日、EBU側は詳細な調査結果を発表した[59]

司会者の不在

各国の審査員投票を発表した時に、司会者のラウラ・パウジーニは約20分間欠席した。そのため、投票の進行とグリーンルームでの歌手へのインタビューはアレッサンドロ・カッテランとミーカの2人が担当するようになった。パウジーニはのち、SNS低血圧により医者のアドバイスで休憩をとったと説明した[60]

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ スペイン語の語句がある。
  2. ^ a b デンマークとラトビアの合計点は同じく55点だが、大会のルールにより、視聴者から20点を獲得したデンマークの順位は高い。
  3. ^ a b アイルランドとマルタの合計点は同じく47点だが、大会のルールにより、視聴者から35点を獲得したアイルランドの順位は高い。
  4. ^ a b スペイン語の歌詞がある。
  5. ^ a b フィンランドとチェコの合計点は同じく38点だが、大会のルールにより、視聴者から26点を獲得したフィンランドの順位は高い。

出典

  1. ^ “Italo-Disco Interval: Dardust, Benny Benassi + Sophie & The Giants 🇮🇹” (英語). Eurovision.tv (2022年4月22日). 2022年5月7日閲覧。
  2. ^ “Diodato will finally take to the Eurovision stage 🇮🇹” (英語). Eurovision.tv (2022年4月20日). 2022年5月7日閲覧。
  3. ^ “Il Volo return to Eurovision for the Second Semi-Final in Turin 🇮🇹” (英語). Eurovision.tv (2022年4月27日). 2022年5月7日閲覧。
  4. ^ “Måneskin will perform at the Grand Final of Eurovision 2022 🇮🇹” (英語). Eurovision.tv (2022年5月6日). 2022年5月7日閲覧。
  5. ^ “Sì! Gigliola Cinquetti returns to the Eurovision Grand Final 🇮🇹” (英語). Eurovision.tv (2022年5月4日). 2022年5月7日閲覧。
  6. ^ “Winner's Press Conference 2021” (英語). Eurovision.tv (2021年5月23日). 2021年8月21日閲覧。
  7. ^ a b c “Turin, Italy, to host the 66th Eurovision Song Contest in May 2022 🇮🇹” (英語). Eurovision.tv (2021年10月8日). 2021年10月8日閲覧。
  8. ^ “Italy's broadcaster Rai announces Eurovision Host City bid process 🇮🇹” (英語). Eurovision.tv (2021年7月7日). 2021年8月21日閲覧。
  9. ^ “Eurovision Song Contest 2022: dal Friuli alla Sicilia, 17 città candidate a ospitare la manifestazione”. RAI Ufficio Stampa. 2021年8月21日閲覧。
  10. ^ Andrea Bonetti (2021-08-06CEST12:14:02+02:00). “Eurovision 2022, ecco le undici città italiane che hanno presentato i loro progetti” (イタリア語). 2021年8月21日閲覧。
  11. ^ Granger, Anthony (2021年8月24日). “🇮🇹 Eurovision 2022: Five Cities Remain in Contention to Host Eurovision” (英語). Eurovoix. 2021年8月27日閲覧。
  12. ^ “REVEALED: the 41 countries joining Eurovision in Turin 2022 🇮🇹” (英語). Eurovision.tv (2021年10月20日). 2021年10月20日閲覧。
  13. ^ News, Eurovision (2021年6月19日). “Andorrra: RTVA will not return to Eurovision in 2022” (英語). Eurovision News, Polls and Information by ESCToday. 2021年8月21日閲覧。
  14. ^ Granger, Anthony (2021年6月18日). “🇸🇰 Slovakia: RTVS Rules Out Eurovision 2022 Participation” (英語). Eurovoix. 2021年8月21日閲覧。
  15. ^ News, Eurovision (2021年8月18日). “Luxembourg: RTL will not participate at Eurovision 2022” (英語). Eurovision News, Polls and Information by ESCToday. 2021年8月21日閲覧。
  16. ^ News, Eurovision (2021年8月30日). “Monaco: TMC will not compete at Eurovision 2022” (英語). Eurovision News, Polls and Information by ESCToday. 2021年12月14日閲覧。
  17. ^ News, Eurovision (2021年10月12日). “Bosnia & Herzegovina: BHRT will not return to Eurovision in 2022” (英語). Eurovision News, Polls and Information by ESCToday. 2021年10月15日閲覧。
  18. ^ Белтэлерадыёкампанію выключылі з Еўрапейскага вяшчальнага саюза” (ベラルーシ語). Навіны Беларусі | euroradio.fm. 2021年8月21日閲覧。
  19. ^ a b “EBU statement regarding the participation of Russia in the Eurovision Song Contest 2022” (英語). Eurovision.tv (2022年2月25日). 2022年2月25日閲覧。
  20. ^ “Semi-Final Allocation Draw: Tuesday 25 January, 12:00 CET 🇮🇹” (英語). Eurovision.tv (2022年1月24日). 2022年1月26日閲覧。
  21. ^ “Pre-recorded backing vocals permitted for Eurovision 2022 following Rotterdam trial” (英語). wiwibloggs (2021年9月3日). 2022年5月13日閲覧。
  22. ^ “Bulgaria turns it up to 11 with Intelligent Music Project” (英語). Eurovision.tv. EBU (2021年11月25日). 2021年11月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月25日閲覧。
  23. ^ Farren, Neil (2022年1月29日). “Moldova: Zdob și Zdub & Fratii Advahov to Eurovision 2022” (英語). Eurovoix. 2022年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月29日閲覧。
  24. ^ “Mahmood & Blanco win 'Festival di Sanremo' and will represent Italy” (英語). Eurovision.tv. EBU (2022年2月6日). 2022年2月6日閲覧。
  25. ^ Marco, Muntean (2022年2月10日). “Kalush Orchestra: "'Stefania' track is about the dearest person, Mom"” (英語). ESCBubble. 2022年2月22日閲覧。
  26. ^ “'Vi er trætte af at stå i baggrunden, det er vores tid nu!': Rockgruppe snupper historisk sejr i Melodi Grand Prix” (デンマーク語). dr.dk. DR (2022年3月5日). 2022年3月5日閲覧。
  27. ^ a b c d “Eurovision 2022: Which Semi-Final is your country performing in? 🇮🇹” (英語). Eurovision.tv (2022年1月25日). 2022年1月26日閲覧。
  28. ^ a b “Eurovision Song Contest 2022 Semi-Final running orders revealed!” (英語). Eurovision.tv (2022年3月29日). 2022年3月31日閲覧。
  29. ^ “First Semi-Final of Turin 2022” (英語). Eurovision.tv. 2022年2月19日閲覧。
  30. ^ “First Semi-Final of Turin 2022” (英語). Eurovision.tv. 2022年5月14日閲覧。
  31. ^ “Second Semi-Final of Turin 2022” (英語). Eurovision.tv. 2022年2月19日閲覧。
  32. ^ “Second Semi-Final of Turin 2022” (英語). Eurovision.tv. 2022年5月14日閲覧。
  33. ^ “Eurovision 2022: The Grand Final running order” (英語). Eurovision.tv (2022年5月13日). 2022年5月13日閲覧。
  34. ^ “Grand Final of Turin 2022” (英語). Eurovision.tv. 2022年2月19日閲覧。
  35. ^ “Grand Final of Turin 2022” (英語). Eurovision.tv. 2022年5月14日閲覧。
  36. ^ Морі, Євгеній (2022年2月16日). “Аліна Паш не представлятиме Україну на Євробаченні” (ウクライナ語). Суспільне | Новини. 2022年2月20日閲覧。
  37. ^ suspilne. “Гурт «Kalush Orchestra» представить Україну на Євробаченні в Турині” (英語). corp.suspilne.media. 2022年2月24日閲覧。
  38. ^ “Russia can still compete in Eurovision despite Ukraine invasion, organisers say” (英語). The Independent (2022年2月25日). 2022年2月25日閲覧。
  39. ^ “Europe responds to EBU statement regarding Russia competing in Eurovision” (英語). ESCXTRA.com (2022年2月25日). 2022年2月25日閲覧。
  40. ^ KALUSH ORCHESTRA виступив у центрі Львова та розповів про підготовку до «Євробачення» — Львівська міська рада” (ウクライナ語). city-adm.lviv.ua (2022年4月2日). 2022年4月30日閲覧。
  41. ^ suspilne. “Kalush Orchestra розпочали підготовку до виступу в Турині” (英語). corp.suspilne.media. 2022年4月30日閲覧。
  42. ^ “Pro-Russia 'Killnet' hackers target Italian institutions” (英語). dw.com. Deutsche Welle (2022年5月11日). 2022年5月13日閲覧。
  43. ^ “Pro-Russian hackers target Italy institutional websites - ANSA news agency” (英語). Reuters. (2022年5月11日). https://www.reuters.com/world/europe/pro-russian-hackers-target-italy-defence-ministry-senate-websites-ansa-news-2022-05-11/ 2022年5月13日閲覧。 
  44. ^ Dammacco, Beppe (2022年5月12日). “Eurovision 2022: il sito dell'evento nel mirino degli hacker filorussi” (イタリア語). 2022年5月13日閲覧。
  45. ^ Granger, Anthony (2022年4月12日). “🇮🇱 Israel: As of this Moment Will Not Participate in the Eurovision Song Contest 2022” (英語). Eurovoix. 2022年5月16日閲覧。
  46. ^ Granger, Anthony (2022年4月28日). “🇮🇱 Israel: Michael Ben David Will Be Performing at Eurovision in Turin” (英語). Eurovoix. 2022年5月16日閲覧。
  47. ^ Rossini, Federico (2022年4月30日). “Eurovision 2022, problemi al palco: il sole cinetico avrà movimento ridotto” (イタリア語). 2022年5月9日閲覧。
  48. ^ Rossini, Federico (2022年5月2日). “Eurovision 2022, cosa è successo al palco: la situazione” (イタリア語). 2022年5月9日閲覧。
  49. ^ Осуда за скандалозното однесување на нашата евровизиска претставничка”. Македонска радио-телевизија (08.05.2022). 2022年5月9日閲覧。
  50. ^ ВИДЕО Андреа Коевска се извини: Немав намера да навредам некого со тоа што го фрлив знамето на земја” (マケドニア語). Слободен печат (2022年5月8日). 2022年5月9日閲覧。
  51. ^ “EBU reveals six national juries were removed from Eurovision 2022” (英語). ESCXTRA.com (2022年5月15日). 2022年5月15日閲覧。
  52. ^ “EBU reveals six national juries were removed from Eurovision 2022” (英語). ESCXTRA.com (2022年5月15日). 2022年5月15日閲覧。
  53. ^ NWS, VRT (2022年5月15日). “Verdachte jurystemmen in 6 landen op Songfestival: organisator EBU moest uitslag laten herberekenen” (オランダ語). vrtnws.be. 2022年5月15日閲覧。
  54. ^ “Eurovision 2022: Ukraine wins, while the UK's Sam Ryder comes second” (英語). BBC News. (2022年5月14日). https://www.bbc.com/news/entertainment-arts-61452678 2022年5月15日閲覧。 
  55. ^ “Reacția TVR după descalificarea juriului României la Eurovision: Regulile au fost schimbate în timpul jocului” (ルーマニア語). www.digi24.ro (15.05.2022). 2022年5月15日閲覧。
  56. ^ Granger, Anthony (2022年5月15日). “🇬🇪 Georgia: GPB Seeking Clarification Regarding Jury Voting in Eurovision Grand Final” (英語). Eurovoix. 2022年5月15日閲覧。
  57. ^ ITV: «Азербайджан отдал 12 баллов Украине, а не Великобритании» - ВИДЕО” (ロシア語). 1news.az (15/05/2022). 2022年5月15日閲覧。
  58. ^ “Tražimo pojašnjenje od EBU, glasanje proteklo u redovnoj proceduri” (me). RTCG - Radio Televizija Crne Gore - Nacionalni javni servis (15.05.2022). 2022年5月15日閲覧。
  59. ^ “EBU Statement: Irregular voting patterns during Second Semi-Final 2022” (英語). Eurovision.tv (2022年5月19日). 2022年5月20日閲覧。
  60. ^ “Laura Pausini falls ill during the Eurovision final: on social media she explains what happened” (英語). Chicago Popular (2022年5月15日). 2022年5月16日閲覧。

外部リンク

プロジェクト ユーロビジョン
  • Eurovision Song Contest Official Site
概要
  • 歴史
  • ルール
  • 開催地
  • 優勝者
  • 司会
  • 投票
  • 参加国
  • 言語
  • ランキング
  • OGAE
  • マルセル・ブザンソン賞
各年度
参加国
活動中
※は「BIG 5」
休止中
資格停止中
現存しない国
予選
国内選考
現在
過去
特別番組
ジュニア
各年度
参加国
活動中
休止中
資格停止中
現存しない国
関連作品