酒井氏

曖昧さ回避 この項目では、戦国時代に三河国土豪であった酒井氏と、その末裔である江戸時代譜代大名である酒井氏について説明しています。
酒井氏
家紋
片喰紋、片喰かたばみ
本姓 清和源氏新田氏大舘氏[1]
大江氏流海東氏?[1]
家祖 酒井広親
種別 武家
華族伯爵子爵男爵
出身地 三河国碧海郡酒井郷[1]
主な根拠地 三河国幡豆郡坂井郷
出羽国鶴ヶ岡
播磨国姫路
若狭国小浜
山形県鶴岡市
東京府東京市など
著名な人物 酒井忠次
酒井忠世
酒井忠清
酒井忠績
酒井忠正
凡例 / Category:日本の氏族

酒井氏(さかいし)は、武家華族だった日本氏族三河国在地領主から、江戸時代には譜代大名となり、老中大老が選任された。維新後、酒井氏からは9家が華族に列した(伯爵家3家、子爵家4家、男爵家2家)[2]

概要

西三河の坂井郷から起こった土豪で松平氏の別流[3]

戦国期に松平氏とともに勢力を広げ、近世には井伊氏本多氏榊原氏とともに譜代大名中最高の家格の門閥譜代層を構成し[3]、一族から多数の大老老中を出している。雅楽頭酒井氏と左衛門尉酒井氏の2系統があるが、いずれも大名家、旗本家を分出[4]

明治維新後、現米5万石以上の中藩知事だった姫路酒井家、大泉(庄内)酒井家、小浜酒井家の3家が伯爵、現米5万石未満の小藩知事だった敦賀酒井家、鞠山(伊勢崎)酒井家、加知山(勝山)酒井家(明治32年爵位返上)、松嶺(松山)酒井家の4家は子爵に叙せられた。また姫路酒井伯爵家の分家の酒井忠惇酒井忠績男爵に叙せられた[2]

出自

酒井氏の始祖とされる酒井広親の石宝塔(愛知県岡崎市岩津町)

酒井氏は元来、大江忠成の子孫を称する海東氏で、三河国碧海郡酒井郷あるいは同国幡豆郡坂井郷の在地領主である。14世紀の末頃に酒井郷の領主であった酒井忠明の子が酒井忠時(酒井太郎左衛門少尉忠時)で、さらに忠時の子に当たる酒井忠則は、新田氏の支族、世良田氏の一族を名乗る時宗の僧・徳阿弥(後の松平親氏)を娘婿に迎えたという。その間に生まれた子が酒井広親(庶長子)で、成長した広親は親氏系の酒井氏の始祖となったとされる。

もとよりこれらは、松平氏の出自に関するのと同類の仮冒であって、松平氏と同族の清和源氏新田氏流であることを主張するために、家康の時代以降に創作されたものとされる。その真意は不明だが、愛知県西尾市吉良町荻原字小野の酒井氏先祖の墓に長阿弥(新田有親)の墓も設けられた。

酒井広親は松平郷にて松平氏に仕え、譜代家臣となったとされる。その後の酒井氏は、広親の子から2家に分かれる(あるいは、広親の子の酒井五郎親時の子の時ともされる)。

家紋

片喰紋 姫路剣片喰

酒井氏の家紋は新田氏以来の 片喰紋であり、一族や子孫は、それに装飾を加えた「丸に片喰」や「丸に剣片喰」などの家紋を用いた。

『柳営秘鑑』には、徳川家の三つ葉葵の家紋が、酒井氏より由来することが詳細に記載されている。

「御当家に用させた満〔ま〕ふ所之物之内ニ三ッ葵ノ葉の御紋ハ 御当家御譲祖徳川信光公の御時 文明十一己亥七月十五日参州安祥城攻之時 今の酒井等の祖酒井五郎親清、(中略)盃に葵の葉三ツ鼎のごとくならへ…信光公大ひ尓〔に〕御喜悦尓〔に〕て今度の敵を討事 掌を指がごとし。既尓〔に〕当家の吉瑞となる遍〔べ〕きな連〔れ〕ハ 只今の三葵の葉を以て自分ハ汝が家能〔の〕紋とせよ被傳出尓付て酒井親清畏て酒井能〔の〕家の紋とせり。必定、此軍尓御勝利なり。」
「其後信光公の御孫徳川次郎三郎長親公の御時 文亀元辛酉年九月 今川家大将伊勢新九郎長氏入道早雲と岩付の城下に於て御合戦御勝利なり。此時の先陣ハ酒井左衛門尉氏忠入道浄賢舎 両酒井を御前に召連て、昨日汝等が働、抜群之。殊尓汝が葵の紋の籏風に翻ひて見事なりき。今是を家に返しくれよ。」
(引用部の〔 〕内は、直前の漢字のよみを表す。)

よって、これより松平氏は三ツ葉葵紋を我家の紋として、この吉例を子孫に伝遍したという。

左衛門尉酒井家

酒井家上屋敷跡
千代田区丸の内

左衛門尉家さえもんのじょうけは、酒井広親の長子氏忠の家系であると伝わっているが[5]、左衛門尉系は徳川家康に仕えた酒井忠次の父から系譜が書かれており、その間の系譜は明確ではない[4]

1564年(永禄7年)に忠次は家康より三河吉田城主に取り立てられ[6]、家康が三河を支配する過程で東三河は忠次が旗頭に任命されて支配した[7]。忠次の子家次の代の天正18年(1590年)に家康は豊臣秀吉の命で関東に移封され、それに従って家次も関東へ移住して下総国臼井城主となり、3万石を領した[6]

関ヶ原の戦い後、家康が豊臣氏から権力を簒奪すると家次は慶長9年(1604年)に2万石加増されて上野国高崎藩5万石に移封された[6]。さらに元和2年(1616年)に5万石加増されて越後国高田藩10万石に移封された[6]

家次の子酒井忠勝は元和8年(1622年)に3万石加増されて出羽国庄内藩(鶴岡藩)に移封された。さらに寛永9年(1632年)にも1万2000石が加増されて都合14万石余となった[6]

正保4年(1647年)には忠勝の子忠当が弟酒井忠恒に新田2万石を分与した(出羽松山藩)[6]。安永8年(1779年)に5000石加増があり、都合2万5000石を領した[8]

幕末の庄内藩主忠篤は奥羽越列藩同盟の一翼を担って官軍に抗したことにより、反逆の責任により官位褫奪のうえ蟄居となり、明治元年(1868年)12月7日に庄内藩は改易となったが、同月15日にその弟忠宝に岩代国会津藩12万石が与えられることで家名存続が許された。翌年6月には磐城国平藩に転封となり、同地で版籍奉還を迎えて平藩知事に就任したが、その翌月には庄内藩に再移封となった。9月に藩名を大泉藩に改名し、その後1871年(明治4年)の廃藩置県まで大泉藩知事を務めた[9]

分家の松山藩主忠良も忠篤と共に官位褫奪・蟄居となったが、その息子忠匡に2500石減封の2万2500石の領地が与えられて家名存続が許された。明治2年(1869年)の版籍奉還の際に藩名を松山から松嶺に改名して松嶺藩知事に就任。明治4年の廃藩置県まで藩知事を務めた[10]

明治2年(1869年)の版籍奉還に際して華族制度が誕生し、大泉家も松嶺家も華族に列した。華族令施行後の明治17年(1884年)7月7日に大泉酒井家の当時の当主酒井忠篤が旧中藩知事[注釈 1]として伯爵に叙された[12]。また松嶺酒井家の忠匡は同年7月8日に旧小藩知事[注釈 2]として子爵に叙せられた[14]

大泉酒井伯爵家の邸宅は山形県鶴岡市家中新町にあった[15]。かなり富裕であり、忠宝の養子となって同家の伯爵位を継いだ酒井忠良伯爵(忠篤の子)は山形県の多額納税者になっている[16]。松嶺酒井子爵家の邸宅は東京市本郷区駒込千駄木町にあった[17]

雅楽頭酒井家

宗家

広親の次男とされる酒井家忠の家系は、代々雅楽助(のち雅楽頭)を名乗り、雅楽頭家うたのかみけと呼ばれる[18]酒井雅楽助正親は左衛門尉家の忠次と同じく家康青年期の重臣のひとりで、永禄4年(1561年)もしくは永禄5年(1562年)に家康の三河支配の過程で三河西尾城主に取り立てられた[19]

その子重忠は家康の関東移封で武蔵国川越城を与えられて1万石を領した[19]。重忠の子忠世は家督前に自身に与えられた領地と合わせて家督後に前橋藩主8万5000石を領し、幕府の老中となり、加増されて12万石を領したが、家光の代になると疎まれて老中を解任された[20][21]

忠世の孫忠清は寛永14年(1637年)の家督の際に弟忠能に2万2500石を分与して(上野国伊勢崎藩、のち駿河国田中藩主)、10万石となったが[22]徳川家綱の代に老中首座(大老とも)として権勢をふるい「下馬将軍」と称され、加増により15万石を領した。忠清は家綱死去時に有栖川宮幸仁親王の宮将軍擁立を図ったとする説もあるが、定かではない。その後徳川綱吉に疎まれて失脚した[23]。また駿河田中藩主4万石になっていた弟の酒井忠能は綱吉に改易された[24]

忠清の子忠挙は弟忠寛に2万石を分与し(上野国伊勢崎藩)、13万石となる[22]忠相の代の宝永4年(1707年)に新田2万石が本領に加えられて15万石に戻った[25]忠恭の代の寛永2年(1749年)に播磨国姫路藩へ移封した[26]

幕末の姫路藩主酒井忠績は江戸幕府の最後の大老となり、明治28年(1895年)に死去、墓地は染井霊園であるが、近年、無縁墓となり、撤去が予定されている[27]

慶応3年(1867年)に忠績から家督を継いだ弟酒井忠惇は老中となり、王政復古直後に徳川慶喜らが起こした鳥羽・伏見の戦いで旧幕府軍に参加して大敗し慶喜とともに江戸に逃走。これにより姫路藩は官軍の備前藩軍から追討を受け、家臣が開城して謝罪。忠惇も直ちに老中を辞したが、朝廷により官位褫奪され、養子の忠邦に家督を譲って蟄居した。またこの際に官軍に軍資金15万両を献上した[28]。減封はなく、忠邦は明治2年(1869年)の版籍奉還で姫路藩知事に任じられるとともに華族に列し、明治4年(1871年)の廃藩置県まで藩知事を務めた[29]

伊勢崎藩は本藩と違い、ただちに新政府に恭順している[30]。最後の伊勢崎藩主酒井忠彰は明治2年(1869年)の版籍奉還で伊勢崎藩知事に任じられるとともに華族に列し、明治4年(1871年)の廃藩置県まで藩知事を務めた[31]

明治17年(1884年)の華族令施行により華族が五爵制になり、同年7月8日に伊勢崎酒井家の忠彰が旧小藩知事[注釈 3]として子爵に叙された[32]。姫路酒井家は当時女戸主の酒井文子だったため叙爵が遅れ、明治20年(1887年)6月23日に酒井忠興の代に伯爵に叙された[33]。さらに1889年(明治22年)5月11日には隠居していた忠惇と忠績も姫路酒井伯爵家の分家華族として、それぞれ男爵に叙されている[34]

姫路酒井家の初代伯爵である忠興の後に爵位を継いだ酒井忠正伯爵は右翼運動に近づき、東洋人の自覚と文化の普及に努めるためとして亜細亜文化協会を結成し、後に黒維会となった。黒維会は1931年(昭和6年)の満州事変以降に親軍的反政党政治的「新官僚」運動の思想的な母体となった[35]。1930年にドイツを訪問しナチス党の幹部ヨーゼフ・ゲッベルスの秘書官と会談した忠正は機関紙『黒維』で「独逸国民社会党の真相」という論文を出すなど日本でも高まってきた国家社会主義運動を形式的模倣で終わらせないようナチス理解を広める役割も果たしていた[36]。その後、黒維会は日本全国各地に勢力を伸ばし、当時日本領だった朝鮮半島にも勢力を広げた[37]。戦後は一時公職追放になったが、日本相撲協会会長などを務めた[38]

姫路酒井伯爵家の邸宅は東京市小石川区原町にあった[39]、伊勢崎酒井子爵家の邸宅は東京市小石川区高田老松町[40]、酒井忠惇男爵家の邸宅は東京市世田谷区玉川奥沢町にあった[41]

小浜酒井家

重忠の弟の忠利は別家して取り立てられ、川越藩主江戸城留守居・老中となる。忠利の子の酒井忠勝 (小浜藩主)は老中・大老になり、小浜藩12万3500石の藩主・官位も四位少将となった[42]

寛文8年(1668年)に2代小浜藩主忠直が甥忠国に1万石を分与(安房勝山藩)、また天和2年(1682年)にも3代小浜藩主酒井忠隆が弟酒井忠稠に1万石を分与した(越前国敦賀藩[42]

最後の小浜藩主酒井忠禄は明治2年(1869年)の版籍奉還で小浜藩知事に任じられるとともに華族に列し、明治4年(1871年)の廃藩置県まで藩知事を務めた[43]

最後の敦賀藩主酒井忠経は明治2年(1869年)の版籍奉還で敦賀藩知事となったが、同時期に藩名を鞠山藩に改名した。明治3年(1870年)に本藩の小浜藩に吸収合併され、小浜藩権知事に就任した[44]

最後の勝山藩主酒井忠美は明治2年(1869年)の版籍奉還で加知山藩知事に任じられるとともに華族に列し、明治4年(1871年)の廃藩置県まで藩知事を務めた[43]

華族令施行後の1884年(明治17年)7月7日に小浜酒井家は旧中藩知事[注釈 4]として伯爵に叙された[12]、7月8日には加知山(勝山)酒井家、鞠山(敦賀)酒井家は旧小藩知事[注釈 5]として子爵に列した[45]

加知山酒井家の酒井忠勇子爵は学習院在学中より素行の悪さで有名になり、1899年(明治32年)には偽造手形行使の廉で公訴が提起されたのに伴い爵位を返上している。その後東京地裁で有罪になったが、東京控訴院では無罪となり、それに伴って忠勇の弟酒井朗が復爵を申請しているが、不許可となり、華族に戻ることはできなかった[46]

小浜酒井伯爵家と鞠山酒井子爵家の邸宅は東京市牛込区矢来町にあった[47]

酒井氏の大名家・華族

酒井氏の大名家は9家を数え、すべて譜代大名(扱いは親藩格)であるが、左沢、大山が改易されたため、明治維新まで残った大名の酒井家は7家だった。明治には7家すべて華族に列し、大泉(庄内)、姫路、小浜の3家は伯爵、敦賀、伊勢崎、加知山(勝山)、松嶺(松山)の4家は子爵を授けられた。

左衛門尉酒井家

左衛門尉酒井家系譜

太字は宗家(庄内藩主家)当主。実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。※は同一人物。

庄内藩主家・松山藩主家

1=左衛門尉家宗家(庄内藩主家)歴代、①=松山藩主家歴代。
大江広元
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寒河江氏
大江親広
長井氏
長井時広
毛利氏
毛利季光
[海東氏]
海東忠成
 
 
 
忠茂
 
 
 
広茂
 
 
 
忠房
 
 
 
忠賢
 
 
 
酒井忠明
 
 
 
忠時
 
 
 
忠則
 
 
 
 
 
 
松平氏
松平親氏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
酒井広親松平郷松平家
信広
泰親
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[左衛門尉家]
氏忠1
[雅楽頭家]
家忠
 
 
 
忠勝2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
康忠3忠俊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠親4忠尚[旗本]
忠高
 
 
 
 
 
忠次5忠雄[系佐 1]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[庄内藩主家]
家次6
本多康俊小笠原信之松平甚三郎家
福釜松平久恒
[旗本]
忠知
忠盈※
[無嗣断絶]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠勝7[左沢藩主家]
直次
[無嗣断絶]
[旗本]
忠重
[改易]
[吉之允家]
了次
忠村高木貞則
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠当8[大山藩主家]
忠解
[無嗣断絶]
山名恒豊[奥之助家]
忠直
[松山藩主家]
忠恒
忠隆
 
 
 
 
 
 
 
忠義9忠予小笠原信成
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠真10
 
 
 
密姫[系佐 2]忠寄忠英忠休(直豫)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠辰忠寄11忠郷忠起水野忠体忠崇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠温12植村寿朝本多康伴本庄松平資尹忠夷忠禮
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠徳13忠順[旗本]
忠恕
忠方甲斐庄正誼
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠器14水野忠実黒田直侯市橋長富内藤政民小笠原長泰忠禮忠質※忠良森川俊方
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠発15増山正修忠中市橋長和忠寛※米津政易米津政明[子爵家]
忠匡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠恕忠篤※忠宝※忠寛16忠利※政明忠晄
 
 
 
 
 
 
 
[伯爵家]
忠篤17/19
[系佐 3]
酒井忠利※忠康
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠宝18忠良※忠孝[分家]
忠悌
忠暉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠純忠良20忠正忠一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠惇[系佐 4]忠明21[分家]
忠治
英一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠久22
 
 
 
天美忠人
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠順大沼賀世

庄内藩主家一門

1=酒井奥之助家歴代、①=酒井吉之允家歴代。
酒井忠次
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家次松平甚三郎家
松平久恒[系佐 5]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠勝[旗本]
了次
 
 
 
 
 
[奥之助家]
忠直1
忠崇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直隆2[吉之允家]
重盈
重秋
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直通3直豫(忠休)忠盈※重栄重喬直隆重頼重一
 
 
 
 
 
 
 
直豫(忠休)4重喬直恭
 
 
 
 
 
直恭5重頼
 
 
 
 
 
直豊6了知
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直寛7了安松平久中直寛烟林
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直方8直鳳了繁(右京)了明
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大山春治直興直温了恒調良白井久井黒崎研堂駒太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直次温理了敏駒太郎駿次
 
 
 
次武
  1. ^ 備後福山藩主・阿部正邦の子。
  2. ^ 肥後熊本藩主・細川綱利の娘。
  3. ^ 養嗣子・忠宝の隠居後に再相続。
  4. ^ 旧豊後杵築藩主家(子爵)・松平親信の2男。
  5. ^ 福釜松平家・松平親俊の養子。
雅楽頭酒井家

雅楽頭酒井家系譜

太字は雅楽頭家宗家(姫路藩主家)当主。実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。※は同一人物。

姫路藩主家

1=雅楽頭家宗家歴代。
酒井広親
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[左衛門尉家]
氏忠
[雅楽頭家]
家忠1
 
 
 
信親2
 
 
 
家次3
 
 
 
清秀4
 
 
 
正親5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[姫路藩主家]
重忠6
[小浜藩主家]
忠利
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠世7忠正西尾忠永
 
 
 
 
 
 
 
忠行8忠洪忠照
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠清9[旗本寄合席]
忠能
忠英忠成
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠挙10[伊勢崎藩主家]
忠寛
忠佳※忠佳※酒井忠告
 
 
 
 
 
忠相11忠侯
 
 
 
 
 
親愛12忠和
 
 
 
 
 
親本13忠善
 
 
 
 
 
忠恭14弥門
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠仰忠得[旗本]
忠啓
忠宜忠温※[姫路新田藩主家]
忠交
忠以15忠誨
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠以忠因(抱一)忠求忠質忠道16忠実忠績[静岡藩士]
忠恕
忠惇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠欽忠全
[無嗣断絶]
忠実17忠学
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠氏喜代姫
[系雅 1]
 
 
 
忠学18藤井松平忠固西尾忠受忠讜三宅康直
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
文子忠宝19忠宝※酒井忠顕酒井忠敬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠顕20
 
 
 
文子24
[系雅 2]
 
 
 
 
 
 
 
[男爵家]
[系雅 3]
忠績21
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠弘忠敬[男爵家]
[系雅 3]
忠惇22
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠邦23忠精
 
 
 
 
 
[伯爵家]
忠興25
宗武[系雅 4]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
秋子
 
 
 
忠正26
[系雅 5]
菊子
 
 
 
前田利為
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠元27
 
 
 
 
 
 
酒井美意子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠紀28忠澄
 
 
 
忠輝29

伊勢崎藩主家・小浜藩主家・安房勝山藩主家・敦賀藩主家

1=伊勢崎藩主家歴代、①=小浜藩主家歴代、i=安房勝山藩主家歴代、I=敦賀藩主家歴代。
酒井正親
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
重忠[小浜藩主家]
忠利
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠世西尾忠永[旗本寄合席]
忠吉
忠勝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠行忠照忠経忠朝青木可一忠直
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠清忠成野々口為重久松松平定安[安房勝山藩主家]
忠国i
忠隆江見舎政[旗本]
忠根
[敦賀藩主家]
忠稠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[伊勢崎藩主家]
忠寛1
酒井忠告[旗本寄合席]
忠成
忠胤忠囿忠音忠菊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠告2忠篤忠音親本忠恭忠武忠香
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠儔忠温※3忠大忠通忠存忠用忠与有馬則憑忠香
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠増忠哲4高力直忠忠鄰忠用忠節水谷勝政山名豊磐忠言忠進
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠寧5忠和忠与忠藎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠良6忠恒※忠嗣忠貫遠藤胤相船越景範高木正直土井利亨忠毗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠恒※7瑞松院
[系雅 6]
 
 
 
忠一忠進忠順※忠経
[系雅 7]
万木忠之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
板倉勝全忠強8忠彰忠邦忠美忠順※忠義(忠禄)※[子爵家]
忠亮
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[子爵家]
忠彰9
忠勇忠尚※忠義(忠禄)※
⑬/⑮
忠英
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠一10[子爵家]
忠尚※
忠氏[伯爵家]
忠道
忠武※
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠寿11xiii
[系雅 8]
忠克忠晴
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
xiv忠博忠武※忠明XIII忠幸
 
 
 
 
 
忠昭xv忠和
 
 
 
忠昭
  1. ^ 徳川家斉の25女。
  2. ^ 忠邦の死後、忠興の家督相続までの間、当主を務めた。
  3. ^ a b 宗家相続後、維新後に分家し男爵を授与された。
  4. ^ 旧陸奥仙台藩主(伯爵)・伊達邦宗の子。
  5. ^ 備後福山藩主(伯爵)・阿部正桓の2男。
  6. ^ 旗本寄合席(三河西端領主)・本多忠興の娘。
  7. ^ 敦賀藩が小浜藩に統合された際に酒井忠義(忠禄)から小浜藩知事の地位を譲られる。
  8. ^ 青木富吉の子。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 旧大泉藩は現米6万9370石(表高12万石)で現米5万石以上15万石未満の中藩に該当[11]
  2. ^ 旧松嶺藩は現米1万2420石(表高2万2500石)で旧小藩に該当[13]
  3. ^ 旧伊勢崎藩は現米5510石(表高2万石)で現米5万石未満の小藩に該当[32]
  4. ^ 旧小浜藩は現米5万5730石(表高10万3558石)で現米5万石以上15万石未満の中藩に該当[11]
  5. ^ 旧加知山藩は現米4280石(表高1万2000石)、旧鞠山藩は現米4950石(表高1万石)で現米5万石未満の小藩に該当[32]
  1. ^ a b c 太田 1934, p. 2486.
  2. ^ a b 小田部雄次 2006, p. 324/331-332/345.
  3. ^ a b 世界大百科事典 第2版『酒井氏』 - コトバンク
  4. ^ a b 日本大百科全書(ニッポニカ)『酒井氏』 - コトバンク
  5. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『酒井氏』 - コトバンク
  6. ^ a b c d e f 新田完三 1984, p. 135.
  7. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)『酒井忠次』 - コトバンク
  8. ^ 新田完三 1984, p. 769.
  9. ^ 新田完三 1984, p. 139.
  10. ^ 新田完三 1984, p. 770.
  11. ^ a b 浅見雅男 1994, p. 123.
  12. ^ a b 小田部雄次 2006, p. 324.
  13. ^ 浅見雅男 1994, p. 152.
  14. ^ 小田部雄次 2006, p. 332.
  15. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 102.
  16. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 103.
  17. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 400.
  18. ^ 太田 1934, p. 2490.
  19. ^ a b 新田完三 1984, p. 689.
  20. ^ 朝日日本歴史人物事典『酒井忠世』 - コトバンク
  21. ^ 新田完三 1984, p. 690.
  22. ^ a b 新田完三 1984, p. 691.
  23. ^ 朝日日本歴史人物事典『酒井忠清』 - コトバンク
  24. ^ 朝日日本歴史人物事典『酒井忠能』 - コトバンク
  25. ^ 新田完三 1984, p. 692.
  26. ^ 新田完三 1984, p. 693.
  27. ^ 「江戸幕府最後の大老、姫路城主・酒井忠績の墓が撤去危機 理由は…墓地の管理料滞納」 神戸新聞2019.2.25付(2020.1.23access)
  28. ^ 朝日日本歴史人物事典『酒井忠惇』 - コトバンク
  29. ^ 新田完三 1984, p. 695.
  30. ^ 藩名・旧国名がわかる事典『伊勢崎藩』 - コトバンク
  31. ^ 新田完三 1984, p. 80.
  32. ^ a b c 浅見雅男 1994, p. 151.
  33. ^ 小田部雄次 2006, p. 344.
  34. ^ 小田部雄次 2006, p. 345.
  35. ^ 小田部雄次 2006, p. 236.
  36. ^ 小田部雄次 2006, p. 236-238.
  37. ^ 小田部雄次 2006, p. 238.
  38. ^ 小田部雄次 2006, p. 237.
  39. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 116.
  40. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 243.
  41. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 462.
  42. ^ a b 新田完三 1984, p. 196.
  43. ^ a b 新田完三 1984, p. 199.
  44. ^ 新田完三 1984, p. 781.
  45. ^ 小田部雄次 2006, p. 331-332.
  46. ^ 松田敬之 2015, p. 315.
  47. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 101/329.

参考文献

  • 小田部雄次 『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366。 
  • 太田亮「国立国会図書館デジタルコレクション 酒井 サカヰ」 『姓氏家系大辞典』 第2、上田萬年三上参次監修、姓氏家系大辞典刊行会、1934年、2483-2494頁。全国書誌番号:47004572。https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130938/335 国立国会図書館デジタルコレクション  閲覧は自由
  • 華族大鑑刊行会 『華族大鑑』日本図書センター〈日本人物誌叢書7〉、1990年(平成2年)。ISBN 978-4820540342。 
  • 松田敬之 『〈華族爵位〉請願人名辞典』吉川弘文館、2015年(平成27年)。ISBN 978-4642014724。 
  • 新田完三 『内閣文庫蔵諸侯年表』東京堂出版、1984年(昭和59年)。